足の臭いや汗対策には石鹸で洗うだけでなく「べビーパウダー」が役立ちます。

ベビーパウダーの使い方は靴下やストッキングを履く前に足の指の間や足の裏など臭いや汗が特に出やすいところに念入りにはたきます。

足の臭いや汗にベビーパウダーが役立つのは、パウダーが足にかいた汗を吸い取ってくれるからです。
足にかいた汗がこもって蒸れることで臭いを強めてしまうので、靴下やストッキングを履く前にベビーパウダーではたいておけば汗をかいてもこもって蒸れる心配を減らし、汗や臭いが気にならなくなると言うわけです。

ベビーパウダーをはたいておくと長時間同じ靴を履きっぱなしになってもサラサラの状態を保つことができ、靴の中が汗によって湿ったり蒸れるリスクが減れば臭いの改善にもつながります。

特にストッキングとパンプスの組み合わせは足の汗や臭いを強くします。

ストッキングとパンプスが長時間触れることで空気の逃げ道がなくなり、パンプスの中が蒸れて酷いことになります。
ストッキングは汗を吸わない素材なので長時間履きっぱなしだと汗も臭いが強くなりますが、履く前にベビーパウダーをはたいておけば汗を吸い取りサラサラの状態になり、パンプスの中の蒸れを防ぎ、汗による臭いが気にならなくなり、ストレス軽減につながります。

靴下やストッキングを履く前にベビーパウダーをはたくひと手間を加えることで足の汗や臭いの悩み改善が期待できます。