足の臭いの悩みは、やはり誰しも通る道だと思いますが。私は特に思春期の中学生の時にスポーツをしている時に足の臭いの悩みました。
中学生の時には、部活で卓球をしていました。

一日に数時間の練習を続けているとシューズが蒸れて足の臭いが悩みとなりました。

家に帰って足を兎に角よく洗うようにしました。その後に、クリームを塗ったりもしてみました。
そうしてみると何とか足の臭いは改善されるようになりました。

足の臭いの悩みが私だけのものかと思ってみたら、同じ部活の友達にも同じ足の臭いに悩んでいる子はいないか聞いてみるとやはり同じように悩んでいるのは友人達も同じでした。人それぞれ足の臭いのケアの仕方は違い友人達の話も参考にさせてもらいました。

それから、高校生になりより一層足の臭いに気を遣うようになりました。私の頃の高校生だとルーズソックスが流行りました。

春の頃はルーズソックスで足が蒸れてとかはないですが、夏になるとルーズソックスの生地の厚みで足が蒸れてまた昔のように足の臭いの悩みが出てきました。友人の中には足が蒸れるのが嫌で素足に上履きを履いている子までいました。

私は、流石に素足に上履きは履けなかったので足の臭いと闘いながらルーズソックスを履き続けました。

足が臭いというのであれば

足の臭いを気にする人は多いですが全く気にしないという人もいたりするので一概にどうこうと言えることではないのですが、基本的には対策した方が良いということではあります。毎日洗うということでそれなりにクリアにすることは出来るのですが、意外と見落としがちになるのが靴の方です。

靴の方が臭くなってしまっているから足も臭くなってきてしまっているということがあるのでその点を注意して対策をするようにすると良いでしょう。いくつか靴を用意しておいてきちんと洗うということを意識しておけばそれなりにどうにかなることの方が多いです。

消臭をすることができるようなものもたくさんありますのでそういう意味においては今は苦労するということがないと言っても過言ではないのですが、 自分の足もしっかりと洗うようにするということだけでもかなりメリットがあったりするのでできることはいくらでもあると言っても過言ではないのです。

では、どうして足が臭い人があるのか、といえばそういうことに気を利かすことができないからというような単純にその人の性格の問題になっている場合も多いです。営業職などであれば身支度は気をつけるようにしましょう。それだけでも違います。