職場でジメジメ汗をかいた足の臭い

私はパソコンを一日中扱う室内での仕事をしていました。日当たりの良い窓際の席で、夏などの日差しが強い暑い日は、ストッキングなどを履くと、スリッパの中で汗をかいた足が、ジトジトと蒸さってしまい、足の臭いが気になりました。

職場は人が多いので、近くに人が来ると、もしかして足の臭いがするのでは無いかと、ヒヤヒヤしたものです。そんな時は、毎晩お風呂でしっかりと足を洗うことを意識してしていました。指の間もしっかりと洗いました。

また、靴やスリッパにはファブリーズをシュッシュとふりかけて、消臭除菌をするように心がけてケアをしていました。あと、あまりに気になるときは、制汗剤スプレーを足にかけてスッキリさせたりもしていました。

脇同様、足にかけるのも効果的で個人的に気に入っていました。ケアをすると気分的にもとっても爽やかで、気持ちよく仕事を一日することができます。しかし、ケアを怠ったりすると、足の臭いが気になってしまい仕事に集中できませんでした。

足の臭いには重曹が効果的だと聞き、お湯に重曹を混ぜたものに足をつけ、ケアをしたりもしました。足の角質も柔らかくなり、臭いも抑えられた気がしました。重曹もなかなか効果的だと分かりました。

足の匂いは改善しようと思えばできる

足の匂いというのは特にいい匂いというわけではないのでしっかりと対処しておくことが、とても重要になります。

靴などしっかりと洗うということにしたいところですが割と靴のクリーニングというのはそんなに普及しているものではありませんし、そんなに洗うということな一般的なものでもありませんし、なかなか難しいのですが臭いを消すという行動は意外とやりやすくもあります。

昔は10円玉を入れることによって銅の力で臭いを消すということがあったりしたのですが、今ではそんなことをしなくても靴の臭い消しというようなグッズがいくらでも売れているわけですから、それを購入して日頃に靴に入れているだけというだけでもかなりメリットがあったりします。

そういう手間を惜しまないことです。決して難しいことではないのですが、割とやっている人が少ないことになります。営業職でよく外に出るような人というのはその辺りを意識してきちんと身支度をしていくと良いでしょう。

そもそも清潔であるということはかなり重要になります。それは仕方ないことでもありますが、とにかく臭さは少しでも改善できるのであればしたほうがよいことはどんな場合にもいえることになります。

SNSでもご購読できます。