誰もが気にするであろう、自分の臭い…。中でも、足の臭いに悩む人は、多いと思います。
私自身、1日中パンプスを履いて仕事をしているため、会社の更衣室や、飲みの席で靴を脱ぐとき、いつも『足が臭っていないかな…』と気にしています。

勤めている会社は、ストッキングにプレーンパンプスを履くことが決まりになっています。ストッキングの多くは、ナイロンやポリエステルなど、通気性が悪く、汗を吸いにくい素材が使われています。そのため、どうしてもパンプスの中で足が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすくなってしまうようなのです。さらに、通気性の悪いプレーンパンプスを一日中履いているので、夕方にもなると、嫌な臭いが靴の中にこもります…。

そのため、出勤前にフットスプレー、仕事終わりにもパフットスプレーで臭いを誤魔化すのが日常でした…。
しかし、フットスプレーを使っただけでは、正直完全に臭いを取ることはできなかったため、足の臭いを断つのに効果的な方法を自分で調べて対策をしました。

まず、フットスプレーを使っても臭いが抑え切れなかったのは、臭いの元が足に残っていたからです。

その臭いの元となっていたのが、一つは『母指球』と呼ばれる、足の親指の下の厚みがある部分に溜まった角質、もう一つが足の親指の爪垢です。この2つが、臭いが取れない要因になっていました。

角質削りと、爪垢の掃除を徹底することで、足の臭いはかなり軽減されました。また、足の裏用の石鹸を使うと、さらに臭いが取れるのがオススメです。
足の臭いがなかなか取れない…というひとは、まず角質のケアや、爪の間の掃除を試してみて欲しいと思います。

足の指五本ソックス

私が、独身の頃、勤めていた会社はガソリンスタンドで、もちろん一日中、靴を履いての仕事だったので、夏場は特に足が蒸れて女性でありながら、足の臭いがキツいことに悩んでいました。

悩んでいることを恥ずかしくて、同僚にも相談できずにいました。

そんな時、テレビで見かけた足の五本指ソックス。足にもいいし、臭い対策にもなるようで、早速購入しました。

確かに、足の指がよくむくんでいたのが改善され、臭いも大幅に軽減され、とても重宝しました。ただ、やっぱり、足の指五本ソックスを履いて、仕事終わりに飲み会となると、五本指ソックスのままだと、それはそれで恥ずかしくて履き変えていました。

あと、失敗だったのは、靴の消臭スプレーです。臭いが消えるどころか、全く効果は感じられず、残念な思いをしました。

あとは、やっぱり仕事用の靴を何足か準備して、毎日同じ靴を履かないようにしたのも良かったです。こまめにシューズを洗い、清潔な靴を履くことによって、臭いも一日中履いていても、さほどキツくなりませんでした。

買った新品の靴には防水スプレーをしたら汚れが付きにくいよ。と友人から聞いて実践したら、白い靴でも、汚れが酷くならずに済み、泥臭くならず、とても良かったです。