しつこい足の臭いを解決した実践法

はじめまして、アラサーサラリーマンのエイタと申します。
毎日満員電車に揉まれ、会社ではストレスまみれで嫌な汗は知らず知らずのうちにかくものです。ストレスを感じてかいた汗というのは、体の色々な成分を含んでいるため、スポーツの汗に比べて非常に不愉快なにおいがするんです。

なので、毎日きちんと入浴をしていたとしても、足の臭いは本当にキツいですよね。
そこで、しつこい足の臭いを少しでも軽減するための対処法をご紹介したいと思います。

まず、足の臭いの原因というのは通気性の悪い靴の中にあります。僕らの足には常在菌が生息おり、その菌が汗に含まれた角質や皮脂を分解して発生する老廃物が嫌な臭いを発生させる主な原因なんです。

もちろん足のケアに気を配ることは大事なのですが、次に気をつけないといけないのが靴のケアです。
中敷きにも臭いの原因が付着していますから、中敷きのストックを何個か所持しておき、毎日チェンジすることをオススメします。

靴から取り出した中敷きは、ベランダなどの日当たりが良い場所で乾燥させて、なおかつ臭い消し用のスプレーを使って保管しましょう。

これを毎日繰り返すことで、少しは足の臭いがケアされます。これが飲み会に行くと靴を脱いで座敷に上がる時の悩みが解消できた体験談なのです。

高校野球時代の足が臭い原因

高校生の頃に野球部に入っていた僕は「トレーニングシューズ」という野球用シューズを履いて登校しなくてはなりませんでした。トレーニングシューズは硬めのエナメル素材でできており、頑丈なため室内などのスパイクがはけないところでも使用することがありました。

スパイクはグランドでしか履かなかったので臭くても我慢ができたのですが、トレーニングシューズは学校でも履かなくてはいけなかったのでクラスメイトに臭いと思われないか心配でした。

しかし靴の消臭をどんなに頑張っても足がどうしても臭くなってしまい学校の子たちから「野球部は足が臭いから近くの席にして欲しくない」といった苦情が来るようになりました。なんでこんなに足が臭くなってしまうのかを考えた結果それは野球用のソックスにありました。

普段野球用のソックスはそのまま洗濯機に入れて洗っていましたが、これではソックスの臭いが取れていないことに気づきました。僕はその日の帰り道に手洗い用の石鹸を購入してソックスを全て手洗いで洗ってみました。

手洗いをすることによって細かい汚れも落ち、新品のように綺麗になりました。次の日から自分では全く足の臭さを感じなくなり、周りからも「臭くなくなった」と言われるようになりました。そこから毎回手洗いを心がけていました。

SNSでもご購読できます。